読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学校へ行かないこと、不登校のネガティブなイメージを変えて行きたい!

こどもの居場所 ホームスクール 不登校 通える場所 ネガティブ わがまま ありのまま 弱さ 問題児 さぼる 学校 選択肢

スポンサードリンク

今でこそ、ちょっと落ち着いて不登校を見れているけど、

それなりに道の端っこ歩いてみたり、夜に活動してみたり、学校行ってない、とはっきり言うことを避けたりしました。

 

今でも、ちょっと気分が落ちているときなんかは、周囲の目や言葉が気になったりすることもあります。

 

学校行かないこと、ホームスクーリングオンリー推進派ではありません。かと言って、学校へ必ず行かなきゃとも思っていません。

 

体調やいじめ、性格が「学校」というものと相性が合わなければ、違うものを選択してもよいのではないか、と思っているだけです。

 

学校にそぐわない体調が、さぼり。

学校の友達関係にそぐわないと、弱い。

性格が、学校にあわないと、わがまま。

 

全部、学校に合わないと異常なのでしょうか。病気なのでしょうか。

重要なのは、学ぶことや、生きる力を身につけること。

それだけをできる方法、場所を探して、あとは

「子どものありのまま」

でいいんじゃないのかな?と。

 

学校に戻すことを目的に、目の前のこどもの性質を「治療」しようとしても、解決はしないのではないかと思います。

 

ただ、学校以外に子供が学べる場所がないのも事実。

 

OpenBaseも、このような取り組みの一つとして、始まりましたが、

昨年度あたりから、全国でもいろんな取り組みが増えてきています。

 

次回からは、そのような活動の情報を紹介していってみたいと思います。

 

ただ、いろんな選択肢がある、ってことと、いろんな活動があるっていうことを

知るだけで、心の負担や出す答えは違ってくると思っています。

 

活動内容や、取り組みにすべて賛同できなくてOK、人それぞれ環境が違います。

必要な情報だけピックアップして、利用していってください。✨

 

 

~次回のOpenBase こどもたちの居場所は3月9日(木)9時~11時45分

持ち物:特になし★初回無料、見学OK!( 2回目より1000円/年度末まで)

親の情報共有の場 OpenBase Cafeも同時開催!