読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Open Base ができた理由 Part1

こどもの居場所 プロフィール・設立背景 不登校 通える場所 適応教室

スポンサードリンク

不登校やホームスクールを選択したこどもたちの「居場所」を運営していますnaoです。

 

そもそもの始まりは、自分の子どもが学校へ行かなくなったことです。
始まりはたいした問題でもなかった。

しかし、その際の学校・先生の対応によって、体に不調が現れ始め、

休み始めました。

 

ひと通り悩み、地域の適応教室にも通い、外出のきっかけとして習い事も探してみた。

オンラインで出来る学習教材や、テキストを買ったり、行かないなら勉強だけでも、と先取り学習などもしてみました。

 

学校に復帰した時期もありました。それがエライ、と周りから褒められることに違和感を感じました。行くことがエライ、のであれば、行かないことはイケナイこと、エラクないことなのか?と。

 

「不」登校、って名前がついてるけど、否登校なのかもしれないし、(行く準備をからだと心がしている)未登校、なのかもしれない。

それをひとくくりにしたり、学校に行かない状態を「障害」であったり「問題」と関連付ける、学校へ行かなくなってからの「社会の目」を感じてきて、

 

「学校以外の」、こどもが通える場所

 

がほしいと思ったのです。アイディアや思いは数年前から抱いていましたが、

実行にはいたっていませんでした。

 

⇒⇒⇒ Part 2 に続く

 

 

 

 

★次回は2月22日開催です★

特持ち物になし。

9時~12時、途中から参加もOK!

Open Base Cafe、zoom様子見会も同時開催